<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

森道市場'14
更新を
サボりにサボって
もう八月

字余り

それなりに週末は遊んでましたよ
夏休みを目前に4月以降の出来事をこぴっと集中連載してみよう


1年ぶりの森道市場





森道市場というよりは
海砂市場でして













昼間っから酒飲めたら
どこでも楽しいですね

女子はブロガーtomocoとニアミスし
大興奮でした

 
JUGEMテーマ:旅行
下呂温泉旅行 その5 〜また名古屋〜
朝から温泉に浸かって湯之島館をチェックアウトしたら
早々に下呂を後にして再度名古屋に向かう





名古屋に着いたらカフェ的な個室で休憩





ではなく、、


 



ここは空飛ぶ泥舟



藤森照信氏がつくった変な茶室が
愛知トリエンナーレのため茅野市から運ばれてきてまして
それを見に来たってわけです


その他展示もそれなりに楽しむ
 
 






















 

 


温泉で休めた体にゲージュツを吸収して
気分はヨーコ・オノなヨメ




日焼け防止に余念がないヨーコ




街角でドーナツが食べたいヨーコ(まるでNY)



普段より強気なヨーコ



温泉旅行に出かけたはずが
結局は名古屋うろついてる時間のほうが長かったかも

今度の年末年始はまさかの9連休だから
またどっか行きたいす

 
JUGEMテーマ:旅行
下呂温泉旅行 その4 〜続・湯之島館〜
湯之島館の館内をブラブラ
とにかく窓が多いという印象
タイルとか照明とかダンスホールとか
楽しめる


 






 



























 
JUGEMテーマ:旅行
下呂温泉旅行 その3 〜湯之島館〜
一泊目に利用した老舗のホテルが普通で
温泉街にも特筆するものなく(蕎麦以外は)
もう下呂温泉に来ることもないかもな、
と思っての二泊目



こちらも老舗の湯之島館

 


 


 
 


 



露天風呂付きの部屋に宿泊
気に入りました
下呂へ行くなら是非湯之島館をご利用下さい

 
JUGEMテーマ:旅行
下呂温泉旅行 その2 〜そば〜
旅行にいくと
特に温泉旅行にいくといつもなんとなく喰ってしまうのが蕎麦
そのくせ
高い割にそれほど特徴もなく記憶に残らないのも旅先の蕎麦

それほど期待せず
やはり下呂でも蕎麦屋で昼飯をとる














 


こちらの蕎麦屋は良い
美味いからまた行きたい

 
JUGEMテーマ:旅行
下呂温泉旅行 その1 〜名古屋〜


台風18号が日本に上陸した1時間後
毎年恒例の家族温泉旅行へ出発




用事があって寄った名古屋にてM代と合流
トルコ土産のクッション(綿抜き)を頂戴して感激




雑貨屋で買い物して


 


ヨコイであんかけスパゲッティを食す
おいしいっちゃおいしいけど
ハンバーグのつけあわせというか焼きそばの仲間な感じ





家具屋とかケーキ屋なんかにも寄ってから
M代と別れ下呂温泉へGO



JUGEMテーマ:旅行
海山



この夏
皆と水辺ではしゃいできました
素晴らしい4日間

続きをどーぞ
続きを読む >>
森、道、市場、、、便所が足らんぞ。


週末、朝から浮かれた格好で出発


 
連れ立って電車で蒲郡へ


野外フェスは随分久しぶり


予報的中であいにくの雨だが


雨もそんなに悪かない


ライブも見ないで市場をはしご、で、カオソーイがうまい


ジュルル


秘境ステージが雰囲気あって好きでした


窓のむこうには森が


こんなゆるゆるなイベント探してました


ワークショップとかいろいろあって、絵が刺繍になったりもする


マスターピース完成




ロケーション最高
毎年行っても良い
がしかし
トイレが少ないの玉に傷
トイレの行列なんとかなりませんか
トイレがあればもっと自由になれたのに
もっと飲み食いできたのに
料金高くなっても良いから
次回は改善よろしくお願いします



JUGEMテーマ:旅行
世界遺産へ その5 〜川〜
この旅一番の感動を伝えたい

それは
とびきり新鮮な魚介を確かな技術で仕立て供された一皿ではなく
先人達が苦労して作り上げた信仰の道でもない


信じられますか?
この透明度







ただ
巨岩の間隙を満たす水があるだけ
川が美しいというだけで
大人ゲなくヨメもひくほど大興奮してしまいました


川の近場にはキャンプ場がありました
今年の夏は仲間を誘って是非利用したい







皆でテントを張ろう
見たことのない景色を見よう


JUGEMテーマ:旅行

世界遺産へ その4 〜熊野古道〜


熊野古道です
世界遺産です





馬越峠の登り口に
熊らしき生き物の目撃情報があるとの立て札がありました
ビビったヨメはiphoneを駆使し
チーンチーンと定期的にベルの音を流して歩きます

石畳が続くということ以外は
正月に登った秋葉山とそれほど変わらない景色が続きます
日本の山は大体どこもスギ・ヒノキでいっぱいです



         


iphoneで撮影
昔パノラマ撮影にあこがれロシア製のhorizonってカメラの購入を検討した時期がありましたが
お高くて購入はできませんでした
随分お手軽になったものです


2時間強の行程で馬越峠を踏破
熊野古道の場合、「紀伊山地の霊場とその参詣道」として
世界遺産の仲間入りを果たしているわけですから
熊野三山を訪れずして熊野古道は語れないのでしょうが
今回の旅程は三重県止まり
今度熊野に来るときは和歌山エリアまで踏み込む予定です


JUGEMテーマ:旅行
速水 亨
日本経済新聞出版社
コメント:たしか速水林業の名前を初めて聞いたのは、故郷の山川に元気がないのを疑問に思い宮脇昭氏の本を多読していた頃だったか。それからずっと気になっていた速水氏の本があると知って正月に買って寝かしていました。熊野古道から帰ってきて手に取ってみると、期せずして馬越峠にほど近い尾鷲の森が速水さんの手によるものだったと知る。

三浦 しをん
徳間書店
コメント:林業を舞台とした神去なあなあ日常の続編。私は前作を読んだ頃から勝手に速水林業をモデルにしているのではとなんとなく思っていましたが、著者が速水さんと講演なんかをしてることろを見るとあながちはずれでもなさそう。木造住宅の減少や安価な外材に押され衰退する日本林業を元気づける一冊になってくれればと願う。