<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

on take


4時ぴったりに迎えが来て外出




4、5時間程度の道のりで目的地に到着したら




完全防寒でゴー




雪上を滑りにきました
私にとって人生初のスノボです




ここは「おんたけ2240」
先週に引き続き高所です




最高気温−12度
の予報に完全にびびりながらも前日に急遽参加を決意しましたが
着いてみるとポカポカしてました




この景色が見たいがために
一眼持ってゴンドラでてっぺんに昇る




中央アルプスの峰々もすぐそこに鎮座ドープネス




同行した二人にとっては
片道4、5時間くらいの道のりなんて屁でもなく
そのへんの川にちょっと釣りに来たかのような風情でパーキングランチ




午後も休まず滑る
日曜の割に空いててヘボでも楽しめます




パノラマコース(初心者)からの御嶽山頂
ゲレンデに来たのは小学校ぶりだ
中目黒のhikeさんみたいな写真がとれたら良いなと思ったが
まだまだまだまだ




ゲレンデ閉店まで目一杯すべったら




私のわがままを聞いてもらって木曽路館で入湯
温泉サイコー


 続く

 
JUGEMテーマ:旅行
京丸山
前々から南アルプスを縦走したいと考えていまして
春を前に山部結成です
足慣らしに御先祖が眠る京丸山にチャレンジ






























































































標高1,469m
完全になめてました
途中何度諦めようと思ったことか
それ故に登頂後、下山後の達成感はひとしお

7時間以上は歩いたし
曇り→晴れ→積雪→雨
落石によるコース延長と
山素人にとっては過酷なトレーニングになりましたが
ちょっとは南アルプスに近づいたろうか





 
高橋 秀実
コメント:謎が多い私のご先祖様 京丸山を遠くに眺めていた私の背中を押した一冊 作者のひねくれに共感してしまうのは 氏が学校の先輩であるというひいき目もあるかな